« 顔だけが太りにくいってどういう遺伝子なんだろう、不思議 | トップページ | 顔が痩せたきゃ歯を変えろ!1発で印象が変わります。 »

2014年10月14日 (火)

自分で行うセルフフェイスマッサージ

フェイスマッサージ小顔に対して非常に効果があり、エステ店でも人気があるコースです。しかし、エステ店に通いますとある程度の金額は払わないといけませんし、毎日毎日通うことがほとんど不可能です。そのためエステに通わず自宅でセルフフェイスマッサージを行う方がいらっしゃいます。
・セルフフェイスマッサージはどうやって行えばいいの
セルフフェイスマッサージの主な目的としては、たるみの解消、骨格の改善、むくみの改善などが挙げられます。まずセルフフェイスマッサージを行う頻度ですが、1日1回入浴中か入浴後に行うことが大切です。あまり頻回にありますと痛みが出てきますし、長続きができません。また、入浴中や入浴後に行う理由としては、セルフフェイスマッサージは体が温まった状態で行うとより効果的であると考えられているからです。そのため入浴中や入浴後の体暖まった状態であることをおすすめします。まずやる前にはしっかりと顔にオイルやクリームなど潤滑剤をつけるようにしてください。潤滑剤がなければ肌に余計な負担を与えてしまうので、しっかり塗るようにしましょう。まず顎の下の方から耳の奥までぐっと押しながらマッサージを行います。これは主に顧客の改善とリンパの流れを良くするためのマッサージです。リンパの流れが良くなると水分が排出しやすくなりますので、むくみが取れて結果的に小顔になることにつながります。そして次は首周りをマッサージしていきます。リンパが主に耳の後ろから鎖骨にかけて伸びていってますので、その辺を重点的にマッサージをしています。その際注意しておかなければならない点としては、優しくゆっくりとマッサージをすることです。むやみに力を入れてしまうとリンパ腺が傷ついてしまい様々な障害を起こしてしまいますので、十分な注意が必要です。次に口周りや目の周りなどをゆっくりマッサージします。内回りはできるだけ筋肉をほぐすようにほっぺたなどをつまんで振るわせるようにマッサージを行います。身の回りの骨格をゆっくり外側に押していきます、この際自分で思うよりもゆっくりと行わないと目に指が入ってしまうほどのことがありますので十分に注意して行いましょう。また鼻もきちんとマッサージすることできれいな鼻筋を手に入れることができますので、重点的に行うことが必要です。肌をやさしくつまんで上に引っ張ることで鼻が高くなります。これは実際に成功している方も多く、毎日毎日行っていると自然と鼻が高くなっていきますのでぜひお試しください。次におでこ周りをマッサージしていきます、おでこ周りをマッサージする際は基本的に下からプレート動かすように覚えておいてください。下から上に動かすことにより、皮膚のたるみなどを予防することができます。この皮膚のたるみを予防することで毛穴の開きなども抑えることができますので、重点的に行いましょう。基本的に、顔のマッサージが内側から外側へ行くようにしましょう。

« 顔だけが太りにくいってどういう遺伝子なんだろう、不思議 | トップページ | 顔が痩せたきゃ歯を変えろ!1発で印象が変わります。 »

リンパ」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

顔痩せ」カテゴリの記事